初心者でも買いやすい|一棟まるまる不動産投資をしたい方へ朗報!

初心者でも買いやすい

マンション

お手頃に購入できる

投資用マンションは、不動産投資の為に建設されたマンションです。マンションの校正は需要の高いワンルームマンションが中心になっています。あくまでも家賃収入を得ることを目的としていることが特徴になっています。価格もてごりに購入できるようになっているので、初心者にも手が届きやすい設定になっています。これに対して普通のマンションは、あくまでも一般居住者を募集するためのマンションになっています。そのため構造も、ワンルームに特化せずに様々な間取りを準備していることが多くなっています。投資を行う上では利益を確保することができれば、どのタイプでも差支えないのですが、投資用マンションは、不動産価値が大幅に低下していますことに注意しなければなりません。

不動産価値は低い

不動産の購入は将来的な財産価値として残る魅力も持っています。しかし投資用マンションは、それを加味していないことが多く、不動産価値を将来的に残すことが難しくなっています。投資用マンションを一棟所持しているのであれば、土地という不動産価値が残りますが、マンション一室の購入ではそれを期待することはできないのです。投資用マンションを提供してるのも不動産投資です。一般賃貸入居者に提供するのではなく、不動産投資を行う人に対して不動産投資を行っている戦略の一つになるのです。マンション一棟を購入するのであれば、投資用マンションとして建設することも一つの方法になっています。需要が続くからこそ可能なビジネスになっているのです。