初心者でも買いやすい

マンション

投資用マンションは、不動産投資を目論んで建設したマンションです。不動産投資として需要が高いワンルームを中心に構成されているのが特徴になります。しかし将来的な不動産の価値は低くなってしまうことに注意しておく必要があります。

もっと読む

人気が高まっている投資

アパート

マンション経営が人気を見せているのはリスクの少なさによるものです。立地に注意し物件を選択肢、物件管理をしっかりと行えば空室が続くこともそうありません。そして、物件管理を管理会社に委託すれば手間となる管理業務から開放され、ほとんどなにもせずとも利益だけを得ることが出来ます。

もっと読む

マンション投資のメリット

アパート

リスクが小さい丸ごと投資

株投資に比べて不動産投資のリスクが小さいのは、もし暴落が起こっても不動産という実体を維持することができるからです。株投資の場合、株券は紙切れ同然の無価値なものになってしまいます。リスクを最小限にすることができるため、マンション経営をする人が多いのです。初心者の中には安全を求めて区分投資をする人がいます。これはワンルームだけを所有して賃貸に出す方法です。しかし入居者が見つからない場合、収入はゼロになります。その間もローンの支払いを続けなくてはならないのです。安全なのは一棟投資です。マンションを一棟丸ごと購入して賃貸経営した方がリスクは少ないのです。戸数が多いので、一室や二室の空室が出ても他の家賃収入でカバーできるからです。

事業所得になる丸ごと投資

不動産投資で一棟丸ごと購入する場合、銀行からの融資が引き出しやすいというメリットがあります。なぜかというと戸数が多いので、安定した家賃収入を上げることができるからです。銀行が融資をするのは、確実に収益が出る不動産投資だからです。また一棟丸ごと投資には税金面の優遇制度があります。10部屋以上ある場合は事業所得として認められるので、税金が安くなるのです。区分投資の場合は不動産所得になるので優遇制度は適用されないのです。もし大災害が起こって建物が崩壊したとしても、土地だけは残ります。区分投資の場合は土地の持ち分しか残らないというデメリットがあります。地震大国の日本で不動産投資をするなら、一棟丸ごと投資の方が有利なのです。

不動産投資をサポート

女性

不動産投資をサポートしてくれるのが、マンション管理会社です。入居者の募集や契約の手続き、更新作業など面倒な作業を代行してくれる会社です。不動産投資会社から紹介されるケースも少なくありません。信頼できる会社選びが重要です。

もっと読む